陶器瓦葺き替え工事

1 既存瓦撤去(屋根土撤去)

屋根の撤去作業です。土がある屋根は、軒先瓦だけ銅線で固定しているだけです。軒先1枚から上の地瓦は固定されていません。

なので、地瓦がずれて雨漏りします。

2 下地補強

野地板は古くなって野地板が薄く痩せています。貼り替え又は、増し貼り・屋根のたわみがある場合は、下地・垂木補修・修繕をします。

3 野地板

現場状況に合わせて増し貼り、又は全て貼り替え施工致します。

4 ルーフィング

野地板施工後、ルーフィングを貼っていきます。

5 地伏せ

瓦全枚数に全て釘打ちで施工致します。

6 棟施工

巴、鬼瓦を施工致します。

​棟の段数により鬼瓦は寸法は変わります。

7 棟のし銅線連結

塗昔の棟の、のしが歯抜けみたいになっているのは、土としっくいだけで施工してるからです。

よって、年数が経過すると、のし瓦が崩れ、そこから雨が入って雨漏りします。

​全て銅線連結によるズレが生じにくく、雨水の侵入を防ぐことができます。

 

カバールーフ工事

1 野地板

現場状況に合わせて増し貼り施工致します。

2 ルーフィング

野地板施工後、ルーフィングを貼っていきます。

3 地伏せ・仕上げ板金

板金屋根葺き・仕上げ板金施工を致します。

ガルバ鋼板・アルミ鋼板など様々な種類があります。

​棟や水切り板金など仕上げの雨仕舞致します。

カバールーフは現状雨漏りしているカラーベスト屋根に最適な工事になります。

また日本瓦から板金屋根葺き工事も施工できます。

​一番のメリットは屋根の重さを軽量化する事により、屋根の負担を軽減し地震対策になります。

将輝建工|小豆島

Copyright © 2018 Masakikenko Inc. All Rights Reserved.

a.png